転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560266930/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/12(水) 00:28:50.70 ID:xJmtanq/0

キャル「にゃお~ん……♪」

コッコロ「……」

キャル「ふしゃーっ!」

コッコロ「ペコリーヌさま……? これはいったい……」

ペコリーヌ「街で猫化の罠を踏んじゃったんですよ~……」

コッコロ「はあ……えぇっと、街で……?」

ペコリーヌ「どうも怪しげな罠を仕掛けて回っている人がいるらしくてですね?」

コッコロ「しかしペコリーヌさま……。猫化とは言ってもこれは……。どう見てもにゃあと鳴くだけのキャルさまでございますが……」

キャル「ふみゃぁっ!」

コッコロ「あぁっ……! 痛いですキャルさま……! ガリガリしないでくださいまし……!」

ペコリーヌ「キャルちゃんの魔法耐性のおかげで、中身とニオイだけ猫ちゃんになっちゃったんですよ」

コッコロ「そんな適当な……。キャルさまはもともと猫の獣人ではないですか。それに……ニオイとは……?」

ペコリーヌ「クンクンしてみたら分かりますよ! 猫ちゃんのニオイですから!」

コッコロ「な、なんと申し上げればよいのやら……。困りましたね……」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/12(水) 00:30:43.80 ID:xJmtanq/0

ペコリーヌ「それじゃあわたしは人化の罠を探しに行きますから! にゃんにゃんキャルちゃんのお世話をお願いします♪ ではでは☆」

コッコロ「そんな……! 待ってください──行ってしまいました……。どうしたものでしょうか……」

キャル「にゃう」

コッコロ「とりあえずギルドハウスの中へ入りましょうか。言っている内容は理解できていますか?」

キャル「ぷいっ」

コッコロ「あぅ……」

キャル「みゃぁお~」

コッコロ「……おや? ご自分でハウスの中へと入っていきますね。まるでハイハイをしているようで、とてもかわいらしゅうございます♪」

キャル「う~……!」

コッコロ「キャルさま? どうかいたしましたか? ……はて、それはわたくしの槍でございますが」

キャル「みゃうっ! にゃうっ!」

コッコロ「ふふ、分かりましたよ? こちらの羽飾りでございますね? きっと猫としての好奇心をくすぐってしまうのでしょう」

コッコロ「取り外して……。キャルさま~。ふり……ふり……♪」

キャル「にゃっ! うにゃっ! ふにゃーっ!」

コッコロ「ふふっ……♪」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/12(水) 00:32:17.90 ID:xJmtanq/0

キャル「はぁ……はぁ……」

コッコロ「お疲れでしょうか? 今お水をお持ちいたしますね」

コッコロ「ふむ……。はたしてコップで飲めるのでしょうか? お椀やお皿の方が飲みやすいかもしれませんね」

コッコロ「キャルさま、お椀にお水を汲んでみましたよ。どうぞお飲みください」

キャル「……くんくん」

コッコロ「慎重にニオイを嗅いでいらっしゃいますね。こういうところは普段のキャルさまとお変わりなくて、なんだか安心いたします」

キャル「……ぺろっ」

キャル「ぴちゃっ、ぴちゃっ」

コッコロ「はぁぁ……♪ なんと愛らしいのでしょうか……♪ 猫とはこのようにかわいい生き物なのですね……!」

コッコロ「正確にはにゃんこではないのですが……」

キャル「みゃあ」

コッコロ「お口の周りがびしょびしょに濡れてしまっています。今お拭きしますから──」

キャル「みゃ~お♪ うにゅうにゅ……」

コッコロ「あわわっ……! わたくしの服にスリスリしては……」

キャル「ぷるるるっ……!」

コッコロ「うぅ……スッキリいたしましたか?」

キャル「にゃおん♪」